■要因別の苦情件数

 ・東京都の保健所には、毎年4,000件前後の苦情が寄せられています。
 ・「有症」に関する苦情が一番多く、次に多いのが「異物混入」に関する苦情です。全体の19%を占めています。
 ・その他では、「施設・設備」に関する苦情、「食品の取扱い」に関する苦情、「意味・異臭」という順番になっています。
 ・末端の消費者だけではなく、取引先業者からの苦情も含まれています。

  平成13年度 平成14年度 平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成17年度
構成比(%)
3,923 4,804 4,074 4,336 3,948 100.0
異物混入 869 916 744 792 756 19.1
腐敗・変敗 128 150 116 114 114 2.9
カビの発生 142 162 117 116 117 3.0
異味・異臭 380 427 320 247 239 6.1
変色 61 70 66 57 40 1.0
変質 57 87 47 73 41 1.0
食品の取り扱い 188 364 277 361 344 8.7
表示 103 175 188 218 148 3.7
有症 1044 1,314 1,032 1,036 1,012 25.6
施設・設備 299 387 346 408 384 9.7
その他 652 752 821 944 753 19.1

 

■業種別の苦情件数

・食品の業種別で見ると、飲食店営業に関する苦情が多い。
・次に多いのが、デパート、スーパー、コンビニ等、小売店への苦情である。直接、消費者と接するからであろうか。
・食品製造業では、菓子製造業への苦情が一番多い。それだけ市場が大きいからであろうか。

  平成13年度 平成14年度 平成15年度 平成16年度 平成17年度 平成17年度
構成比(%)
3,727 4,216 3,785 4,116 3,722 100.0
飲食店営業 1,488 1,742 1,805 2,063 1,914 51.4
喫茶店営業 4 14 4 15 4 0.1
製造業 菓子製造業 229 226 182 230 195 5.2
あん類製造業   1 1      
アイスクリーム類製造業 1 4 1 3 2 0.1
乳処理業 9 21 8 3 4 0.1
乳製品製造業 20 25 20 12 5 0.1
食肉処理業 9 9 10 10 4 0.1
食肉製品製造業 3 11 2 7 6 0.2
魚肉練り製品製造業 2 9 2 5 6 0.2
氷雪製造業         1 0.0
みそ製造業 1   1 1    
醤油製造業 1 4 1 1    
ソース製造業   2   2 2 0.1
酒類製造業 7 4 2 2 2 0.1
清涼飲料水製造業 23 56 16 21 8 0.2
豆腐製造業 22 25 17 21 25 0.7
めん類製造業 13 13 10 12 10 0.3
そうざい製造業 21 89 24 27 20 0.5
かん詰又は
びん詰食品製造業
6 21 6 6 6 0.2
食品衛生法において許可を要する
その他の製造業
20 21 11 7 7 0.2
条例で定める許可を要する製造業 30 67 15 18 15 0.4
許可を要しない製造業 24 27 21 14 63 1.7
販売業 デパート、スーパー、コンビニ 597 537 656 699 586 15.7
行商・自動車での販売業 55 108 105 93 73 2.0
自動販売機 25 21 14 17 14 0.4
上記以外の販売業 263 306 304 306 251 6.7
本人又は家族 102 124 72 101 66 1.8
その他 145 190 196 123 304 8.2
不明 607 539 279 297 129 3.5
食品の苦情Q&A(協力:健康安全研究センター(旧都立衛生研究所))
 
【問い合わせ先】
東京都福祉保健局健康安全室食品監視課
電話:03-5320-4404
   
 
HOME
会社概要 ISO9001 ISO14001 ISO27001