GMP

英語 Good Manufacturing Practice
日本語 適正製造規範

 
 適正製造規範は頭文字からGMP(ジーエムピー)と呼ばれることが多い。
1960年代から米国で採用された規則で、安全性でよりよい品質や健全性を有する医薬品・食品等を製造するための製造時の管理・遵守事項が定められている。
米国のGMPは法的強制力を持つ連邦規則であり、日本でも医薬品に関しては薬事法に取り入れられたが、食品に関しては法律に基づいたGMPの策定はされていない。

 その後米国では食品に由来する危害を防止するためには、まず原料の安全性を確保し、次に汚染防止対策のためにGMPを遵守し、さらに重要な危害をコントロールするためにHACCPを導入する「農場から食卓まで」という政策に繋がり、世界各国でHACCP導入の機運が高まった。
飼育農場における一般的衛生管理はGAP(適正農業規範:Good Agricultural Practice )、GHP (適正衛生規範:Good Hygiene Practice )などと呼ばれる適正規範がある。

 米国のGMPの内容は、コーデックス委員会の「食品衛生の一般原則」、総合衛生管理製造過程実施要領別表第1「衛生管理の方法」や、食品衛生法に基づき地方自治体が定める「施設基準」・「管理運営基準」に該当する。